社長メッセージ

おいしい魚を世界の海から食卓へ
弊社は、1983年3月に、トータルにシーフードを扱う企業体である
山文・丸忠グループの一企業、東海食品株式会社の寿司部門が分離、
独立する形で設立された企業であります。
当グループは1870年代 創業家による鮮魚商にその源を発し、その当時より
国内はもとより海外にもその事業を伸ばし、独自の流通経路を確立。
創業時のポリシーである、「おいしい魚を世界の海から」は、
現在の当グループのグローバル化の礎となっております。

株式会社寿司丸忠は、おいしい魚を新しいスタイルで提供する。
という概念から1975年 当時東海食品株式会社に寿司部門を設け、
ご家庭で気軽にお寿司を食べていただくことを理念として、
お持ち帰り寿司専門の寿司事業を創設。
現在 グループ企業の一社として、主にお持ち帰り寿司の店舗経営を担っております。

柔軟な経営発想、多彩な商品、細かなサービスを市場に提供しつつ、
古き良き歴史の礎の下、理念と伝統、
また革新を続け、消費者であるお客様に対し食を通してささやかでも幸せな時を
提供し続けることを社業としていく所存であります。
株式会社寿司丸忠
代表取締役社長 小鹿孝匡

ページ上部へ戻る